彩雲堂
松江と和菓子

水の都として知られる城下町松江は、京都・金沢と並んで茶処・菓子処としても有名です。
散策すれば、いくつもの和菓子屋を見かけることができます。
ショーケースの中には色とりどりの生菓子が並んでいますが、その美しい菓子は決してよそ行きのものではなく毎日のお菓子として日常で楽しまれているものです。ここではのんびりとお茶を楽しむ時間が大切にされています。

松江と和菓子の関係を深めている理由は松江藩七代藩主・松平出羽守治郷(不昧:ふまい)公の存在です。
不昧公不昧公は自ら不昧流という茶道を完成させ、茶会で使われた和菓子の数々は、「不昧公好み」として現代に受け継がれています。

松江のお茶消費量は静岡に次いで2位、全国平均の約5倍。一世帯あたりの和菓子購入量日本一、全国平均の1.5倍とも言われています。朝食の代わりに、抹茶とお菓子という方も多いとか。不昧公の残された文化は今も脈々と受け継がれています。

さて春の「若草」、秋の「山川」、そして「菜種の里」は「不昧公お好み」三大銘菓として、今も松江を代表される銘菓として人気を誇りますが、これらは明治維新以降一時途絶えていました。その後、古老や茶人を訪ね文献を読み解いて、当社初代が明治中頃「若草」を復活させました。

若草和菓子職人の伝統技と、歴史の気配をお楽しみいただけましたら幸いです。

←HOME


©彩雲堂