店休日の導入について
これまで直営店の店休日は 元日のみ として参りましたが、諸般の事情により、年数回の店休日を設けることとしました。
店休日 4月21日(日) ・・・ 本店/米子東山店/出雲店/工場売店
お客様には大変ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

母の日今のおすすめ

人気商品
ランキング

おすすめの
詰合せ

母の日特集

お茶の和菓子

紅白朝汐

ホーランエンヤもなか
▼5月10日まで▼
ホーランエンヤもなか

花かげ
▼5月中旬まで▼
花かげ

春のお試し
▼5月中旬まで▼
春のお試し

復刻若草

舟つきの松

おすすめ商品

若草

伯耆坊

願ひ菓子

やまかつら

彩紋

 

商品一覧

メルマガ登録

店舗案内

選和菓子職人

店舗休業日のお知らせ
本店
4月21日、6月23日
東山店
4月21日、5月26日、6月23日
出雲店
4月21日、5月26日、6月23日
工場売店
4月21日、5月26日、6月23日
プラーナ店
4月9日、6月11日
Ael休業日のお知らせ
4月 10日、17日、24日
5月 7日、8日、15日、
22日、29日
6月 5日、12日、19日、
26日

国宝松江城(外部リンク)国宝松江城(外部ページにリンクします)

工芸菓子

【松和会持ち寄り審査会】

以下は、当社の職人達が2010年2月29日に松江市白潟本町スティックビルで開催された「第33回松江松和会持ち寄り審査会」に出品した作品です。
20~50代の職人達がプライベートの時間を割き、数ヶ月かけて製作しました。

 

【工芸菓子とは】

工芸菓子とは山水花鳥などの自然風物を写実的に、しかも芸術性豊かに表現します。

その始まりは江戸時代の元禄~享保の頃、大奥で鑑賞された「献上菓子」と言われています。明治時代になり、白砂糖が輸入されてから打ち菓子や有平糖に色や形を加えるようになりました。その後、京都を中心とした和菓子職人が技術を磨き、現代のような工芸菓子が作られるようになりました。

現代の工芸菓子の材料・製法は多岐にわたりますが、一般的には「雲平生地」という砂糖10に対して、餅粉(寒梅粉)3を混ぜて練り上げた生地を用います。例え小さな作品でも、製作者に幅広い知識や洗練された技量がないと鑑賞に値する作品は出来ません。


写真をクリックすると拡大できます
飛翔(大江克之)参考作品   (狩野郁雄)参考作品
彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子   彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子
味楽(光田隆一)   (田中紀幸)松江市 市長賞
彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子   彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子
成天(真田一志)島根県菓子工業組合 理事長賞   月光(苅田真俊)全国菓子工業組合連合会 理事長賞
彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子   彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子
想い(神庭春樹)   おとずれ(大津光博)
彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子   彩雲堂 工芸菓子 彩雲堂 工芸菓子


Copyright (c) 彩雲堂 Co.,Ltd All rights reserved.