早割

お歳暮迎春菓

人気商品
ランキング

おすすめの
詰合せ

キャッシュレス還元

期間限定

お歳暮特集

迎春菓特集

▼12月10日17:00まで▼

今むかし
【期間限定】
若草今むかし

紅白朝汐

だんだん

栗まる

柚子じょうよう

冬のお試し

復刻若草

おすすめ商品

若草

伯耆坊

願ひ菓子

やまかつら

彩紋

栗まる

 

商品一覧

メルマガ登録

店舗案内

選和菓子職人

店舗休業日のお知らせ
本店
11月、12月の
店休日はありません。
東山店
次回12月1日
11月の
店休日はありません。
出雲店
次回12月1日
11月の
店休日はありません。
工場売店
次回12月1日
11月の
店休日はありません。
プラーナ店
11月、12月の
店休日はありません。
Ael休業日のお知らせ
11月 なし
12月 4日、11日、18日、
25日、26日

国宝松江城(外部リンク)国宝松江城(外部ページにリンクします)

松江と和菓子

松江城
水の都として知られる城下町松江は、京都・金沢と並んで茶処・菓子処としても有名です。
散策すれば、いくつもの和菓子屋を見かけることができます。
ショーケースの中には色とりどりの生菓子が並んでいますが、その美しい菓子は決してよそ行きのものではなく毎日のお菓子として日常で楽しまれているものです。ここではのんびりとお茶を楽しむ時間が大切にされています。

松江と和菓子の関係を深めている理由は松江藩七代藩主・松平出羽守治郷(不昧:ふまい)公の存在です。
不昧公は自ら不昧流という茶道を完成させ、茶会で使われた和菓子の数々は、「不昧公好み」として現代に受け継がれています。

 

不昧公松平不昧公(1751~1818)について

宝暦元年(1751)江戸赤坂生まれ。幼名鶴太郎。明和4年(1767)に17歳で出雲国主七代となり、将軍家治から一字を授かり出羽守治郷と称した。
19歳で麻布天真寺・大巓宗硯禅師のもとで禅の修行を積む。不昧(ふまい)という号はこのとき授かったもの。「茶禅一味(茶道と禅道の真髄は同一)」が示すように茶道にも傾倒、「三斎流」「石州流」を極め、後に「不昧流」を完成させる。
不昧公が松江藩主に就任した時、藩は度重なる天災等により破綻状態にあった。
公は家臣と共に人材抜擢・経費削減・殖産興業(松江藩御立派の改革)に力を入れた結果、藩は全国でも有数の富める藩となる。

 

井戸茶碗優れた蒐集家であった不昧公は、茶道具を収集、調査、記録する(「雲州蔵帳」)という大事業をなし、工芸発展のため技術者の養成に尽力。
「天下の名物は一人一家一国の宝にあらずと知るべし」の考えのもと集められた名品は徹底した保護措置がとられ、国宝や重要文化財に指定される作品群が散逸せず現在まで残っています。

(参考文献  長尾遼「真説 松平不昧」 藤間亨「数寄大名 松平不昧」 )

※関連サイト 「茶人 松平不昧の世界」

 

和みの席松江は全国でも有数の和菓子処で、総務省統計局がまとめた
「平成19年家計調査報告」では、金沢に次いで全国2位となっており、一世帯あたりの和菓子購入金額は全国平均の1.5倍です。
http://www.mlit.go.jp/common/000025671.pdf
朝食の代わりに、抹茶とお菓子という方も多いとか。不昧公の残された文化は今も脈々と受け継がれています。


さて春の「若草」、秋の「山川」、そして「菜種の里」は「不昧公お好み」三大銘菓として、今も松江を代表される銘菓として人気を誇りますが、これらは明治維新以降一時途絶えていました。その後、古老や茶人を訪ね文献を読み解いて、当社初代が明治中頃「若草」を復活させました。

和菓子職人の伝統技と、歴史の気配をお楽しみいただけましたら幸いです。

彩雲堂のお歳暮 迎春菓

Copyright (c) 彩雲堂 Co.,Ltd All rights reserved.